子宮ポリープは大丈夫な病気?

子宮内膜炎エントリー一覧

子宮内膜炎(投稿1)
開腹手術では、癒着剥離、卵巣チョコレート嚢胞部分の摘除が主となり、年齢や症状を考慮して卵巣摘除(片側または両側)、子宮全摘(または膣上部子宮全摘)などが併術されます。しかし、卵管破裂が小規模、尚且つ腹腔内への出血が緩やか。さらに開腹手術を行う場合にも、子宮腺筋症の程度がひどい場合は子宮を全摘(膣上部子宮切除術を含む)するべきかどうか、卵巣にチョコレート嚢胞がある場合には卵巣を全摘(片側のみ、あるいは両側とも)するべきか、もしくはチョコレート嚢胞のみを摘出するかどうか、卵管に癒着がある場合にはこれ...
子宮内膜炎(投稿2)
○子宮内膜炎についての解説○こんな事を言うと失礼かもしれませんが、子宮内膜炎 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。でも、子宮内膜炎のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。症状(もしあれば)妊娠・出産の希望子宮筋腫の大きさと位置年齢 など薬による治療では、半年間月経を完全に止めてしまう偽閉経療法があります。もちろん、気になる症状があるときには、迷わず早めに婦人科を受診されてください。3.粘膜下筋腫は、小さくても激しい症状を示すことがあります  粘膜下筋腫は、...
子宮内膜炎(投稿3)
子宮内膜炎のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。とはいえ、子宮内膜炎 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。あなたの理解のためにお手伝いさせて下さい。(アドバック療法といいます)   また、治療中の不正出血についてですが、これは1)で最も起こりやすく、3)で最も少ないものと考えて良く、また種々の更年期様の症状が少ないほど不正出血を起こしやすいと思って良いでしょう。子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など...
子宮内膜炎(投稿4)
子宮内膜炎をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮内膜炎 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。さて、子宮肉腫は婦人科のがんの中でもまれな病気で、子宮体がんの2〜5%です。子宮肉腫は、子宮筋層や子宮内腔の粘膜(子宮内膜)のうち内膜間質と呼ばれる組織から発生する悪性腫瘍である。大きくなると子宮から外に押し出そうとされる痛みがあって、ポリープの先端が頚管の中まで降りてきます。晩婚、晩産化が進み、生涯子どもをもたない選択をする人...
子宮内膜炎(投稿5)
☆子宮内膜炎に関する説明☆子宮内膜炎のことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮内膜炎 に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。 上部の太い部分を子宮体部、膣につながる細い部分を子宮頚部」といいます。チョコレート嚢胞に関しては腹腔鏡手術の場合はアルコール固定術が基本となりますが、ほとんど癒着がない場合は後述する体外法で嚢腫を核出することが可能となります。この理由は、同時に多量に分泌されているプロゲステロンによるエストロゲン作用の抑制効果によるものと考えられ...
子宮内膜炎(投稿6)
★子宮内膜炎に関する記事★それでは子宮内膜炎についてくわしく見ていきましょう。子宮内膜炎に関する基本的なことがはっきりしてくると思います。卵胞が破裂して卵が卵巣外へ放出される(=排卵が起こる)と、その後に卵胞は黄体へと変化していきます。子宮外妊娠の場合、そのほとんどのケースが卵管妊娠です。しかし、このマーカーは子宮内膜症の人がみな高値を示すわけではないので、CA125が正常値だからといって内膜症ではないとは言えませんし、またその逆も必ずしも正ではありません。また子宮筋腫はおりものの分泌は多くあり...
子宮内膜炎(投稿7)
☆子宮内膜炎に関する説明☆子宮内膜炎はけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮内膜炎 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。不妊症として治療される方の中に子宮内膜症の方が多いことは間違いないことです。肉腫は壊死(細胞や組織の死滅)や出血を伴いやすいので、MRIではこれらをとらえ鑑別に導く。「悪性子宮体部腫瘍で、広汎子宮全摘術が適応されるのは、2期の症例」に限られているという。妊娠などへの影響はほとんどないが、まれな確率(0.2〜0.4%)でがん化することもある。通常は全...
子宮内膜炎(投稿8)
●子宮内膜炎についての投稿記事●子宮内膜炎 の基本的知識が深まるといいですね。そうなるよう、子宮内膜炎 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。腹腔鏡自体がまだ一般的には普及していないこと、ある程度のトレーニングが必要な手術であることなどがその要因であるといえるでしょう。子宮腺筋症では、子宮内膜が子宮筋層内に生育しているために、生理の時期になると子宮筋層内で内膜がはがれて出血を起こすことになります。また、卵巣は子宮体部腫瘍が転移しやすいことも摘出する理由の1つで...
子宮内膜炎(投稿9)
□子宮内膜炎のやさしい解説□子宮内膜炎をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮内膜炎 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。嚢腫がまた、内容を吸引できないものである場合(かなり古くなって泥状になったチョコレート嚢腫、固形成分が主体の奇形腫など)でもこの方法は不適となります。また、毎月出血を繰り返すことが原因で、その部位で炎症を起こしたり組織間の癒着を起こしたりもしますから、結果として月経時以外でも月経時と同様の下腹部痛や腰...
子宮内膜炎(投稿10)
☆子宮内膜炎に関する説明☆なにはともあれ子宮内膜炎 に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮内膜炎の知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。インシュリンはブドウ糖を体内の細胞に送り込んでエネルギーとして活用させ、血糖値を下げます。『卵管炎』とは『卵管が炎症を起こした状態』で、癒着をおこしたりしているので、うまく受精卵が子宮に運ばれないのです。手術は短時間で終わる簡単なものです。いわゆる骨粗鬆症であり、これが原因となって病的骨折(何も原因がないのに突然骨折を起こす)...
子宮内膜炎(投稿11)
■子宮内膜炎について■なにはともあれ子宮内膜炎 に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮内膜炎の知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。子宮外妊娠を起す可能性のある人お腹(下腹部)を手術したり、そこに炎症があったりしたことのある人は気をつけてください。2.月経痛   月経がひどくなると下腹部痛や張り、頭痛、不安感などが起こります。しかし、進行期と自覚症状にあまり相関関係がないのも、子宮内膜症の特徴の一つです。その意味では体脂肪は悪者ではなく、体にとって必要なもので...
子宮内膜炎(投稿12)
子宮内膜炎にもいろんな側面があるので、あんがい新たな気づきがあるかもしれません。せっかくの機会なので、子宮内膜炎 について詳細に見ていきましょう。どの処置を行うかは、担当のドクターと相談が必要です。こうして妊娠に向けて準備をしたにもかかわらず妊娠が成立しなかった場合には、卵巣に形成されていた黄体は自然に退縮してしまい、それと同時にそこから分泌されていた卵胞ホルモン・黄体ホルモンともに急激に減少するようになって、その結果子宮内膜が一気に剥がれ落ちて出血が起こるようになります。この頸管腺から産生され...
子宮内膜炎(投稿13)
○子宮内膜炎についての解説○子宮内膜炎 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。子宮内膜炎 の基本的知識が深まるといいですね。子宮頚管ポリープの症状 痛みはありませんが簡単に出血するようになります。受精をした卵は、およそ1週間をかけて卵管内を移動し子宮の内腔へたどり着きますが、その間にどんどん細胞分裂を繰り返しながら発育していき、子宮の内腔へたどり着く頃になってようやく胎児を形成する部分(胎芽胚葉)と将来胎盤を形成する部分(栄養胚葉)とに分かれるようになります。...
子宮内膜炎(投稿14)
●子宮内膜炎についての投稿記事●子宮内膜炎の知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮内膜炎 に関する内容を見ていきましょうか。月経血の中には剥奪した子宮内膜が含まれていますが、月経血が膣の方へ流れ出ずに、子宮から卵管の方へ逆流して腹腔内へ流れ出るのと一緒に、子宮内膜が腹腔内へ運ばれて、その結果腹腔内に子宮内膜が付着し、生育することで子宮内膜症が起こるというのが、現在子宮内膜症の発症の原因として最も有力視されている説です。進行すると、膿のような悪臭を...