子宮ポリープは大丈夫な病気?

子宮内膜炎(投稿9)

□子宮内膜炎のやさしい解説□子宮内膜炎をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮内膜炎 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。


嚢腫がまた、内容を吸引できないものである場合(かなり古くなって泥状になったチョコレート嚢腫、固形成分が主体の奇形腫など)でもこの方法は不適となります。また、毎月出血を繰り返すことが原因で、その部位で炎症を起こしたり組織間の癒着を起こしたりもしますから、結果として月経時以外でも月経時と同様の下腹部痛や腰痛を感じたり、尿意を催した時の下腹部痛、排便時痛、性交時痛、排卵痛、さらには性行為中に尿意を催すなどの症状としてとして現れるようになります。この受精は卵管内で起こるものであることがわかっています。治療は根元を鉗子でねじ切り、炎症がひどければ焼灼もしくは冷凍します。これが生理痛の生じる原因になるものです。このようにして頸管内へ飛び出してきた突起状の過形成部分を、頸管ポリープと言います。



子宮壁を構成する三つの層のうち、どの層に筋腫があるかによって、筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)、漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)、粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)に分類されます。子宮筋腫にストレスは悪影響を及ぼすという説もあります。腹腔鏡(Laparoscopy)はいわゆる内視鏡の一種で、臍部周囲から内視鏡カメラを挿入して腹腔内を観察するためのものですが、近年は腹腔鏡による手術法も進歩して、外科系では胆のう切除や早期胃癌、早期大腸癌の手術などにも用いられるようになり、産婦人科領域でも不妊症の人の検査を初め、卵巣嚢腫や子宮外妊娠、子宮筋腫や子宮癌の手術までにも用いられるようになってきました。筋層内筋腫は子宮の筋肉組織内にできる筋腫で、子宮筋腫全体の7割を占める一番多い筋腫です。したがって、進行の度合いを表すのにはやはり腹腔鏡所見中心のRe-AFS分類により分類することが望ましいわけですが、必ずしも腹腔鏡を用いての診断がなされていない現状では、これもまた確実な臨床進行の度合いを示す分類とはいえないBeecham分類によって分類されているのが一般的、という状況にあることになります。子宮内膜ポリープが見つかった場合、最も心配されるのは子宮体癌の存在でしょう。



子宮外妊娠の診断は、産婦人科医の頭を悩ませているそうです。出血や褐色のおりものが常にあるとは限りません。次に粘膜下筋腫は子宮内膜のすぐ下に発生し、子宮の内側に向かって発育する筋腫です。ただし、効果がなくなってきたときには、自己判断で薬の量や飲む回数を増やさず医師に相談してください。生理になっても、子宮内膜がすべて剥がれ落ちずに増殖してしまうことがあり、これを子宮内膜増殖症と呼びます。子宮内膜ポリープとは内膜がきのこ状に発育したもので(参考図)、大きく長くなると子宮口の外まで出てくることもあります。



子宮外妊娠を起す可能性のある人お腹(下腹部)を手術したり、そこに炎症があったりしたことのある人は気をつけてください。両側の卵巣にチョコレート嚢胞があったり、子宮と卵巣や卵管、腸管との強い癒着が予想される、薬物療法ではなかなか症状が改善しない、などのケースでは手術を選択すべきものといえるでしょう。筋腫は月経時に下腹部や腰の痛みが見られるのに対し、子宮肉腫は痛みが月経に関わらず持続します。子宮外妊娠の治療は、薬物による治療と外科的治療(手術)の二通りがありますが、多くの場合は緊急を要することから手術が必要となります。(→「ピルの効能と副作用について」4)参照) 具体的方法は避妊を目的として服用する場合と同様に、21日間服用して一度生理を起こさせ、生理の終わり頃からまた服用を開始する、ということを続けていくのが一般的ですが、途中で生理を起こさせずにずっと服用を続けるケースもあります。子宮肉腫に対する放射線治療子宮肉腫に対する放射線治療は効果が乏しいとされているが、患者さんが高齢だったり、合併症があるなど容態が悪く手術や化学療法ができない場合、また、骨盤内の再発や手術で取り残した腫瘍がある場合は、放射線治療が行われることもある。

子宮外妊娠

脊髄すべり症とは

腰椎すべり症の種類type

子宮内膜炎(投稿9)関連エントリー

子宮内膜炎(投稿1)
子宮ポリープは大丈夫な病気?
子宮内膜炎(投稿2)
○子宮内膜炎についての解説○こんな事を言うと失礼かもしれませんが、子宮内膜炎 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。でも、子宮内膜炎のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。
子宮内膜炎(投稿3)
子宮内膜炎のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。とはいえ、子宮内膜炎 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。あなたの理解のためにお手伝いさせて下さい。
子宮内膜炎(投稿4)
子宮内膜炎をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮内膜炎 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。
子宮内膜炎(投稿5)
☆子宮内膜炎に関する説明☆子宮内膜炎のことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮内膜炎 に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。
子宮内膜炎(投稿6)
★子宮内膜炎に関する記事★それでは子宮内膜炎についてくわしく見ていきましょう。子宮内膜炎に関する基本的なことがはっきりしてくると思います。
子宮内膜炎(投稿7)
☆子宮内膜炎に関する説明☆子宮内膜炎はけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮内膜炎 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。
子宮内膜炎(投稿8)
●子宮内膜炎についての投稿記事●子宮内膜炎 の基本的知識が深まるといいですね。そうなるよう、子宮内膜炎 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。
子宮内膜炎(投稿10)
☆子宮内膜炎に関する説明☆なにはともあれ子宮内膜炎 に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮内膜炎の知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。
子宮内膜炎(投稿11)
■子宮内膜炎について■なにはともあれ子宮内膜炎 に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮内膜炎の知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。
子宮内膜炎(投稿12)
子宮内膜炎にもいろんな側面があるので、あんがい新たな気づきがあるかもしれません。せっかくの機会なので、子宮内膜炎 について詳細に見ていきましょう。
子宮内膜炎(投稿13)
○子宮内膜炎についての解説○子宮内膜炎 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。子宮内膜炎 の基本的知識が深まるといいですね。
子宮内膜炎(投稿14)
●子宮内膜炎についての投稿記事●子宮内膜炎の知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮内膜炎 に関する内容を見ていきましょうか。