子宮ポリープは大丈夫な病気?

子宮鏡検査(投稿14)

■子宮鏡検査について■子宮鏡検査の知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮鏡検査 に関する内容を見ていきましょうか。


子宮ガンは粘膜や粘膜上皮といわれる臓器の表面に近い細胞が悪性化したものですが、子宮肉腫は上皮でない組織が悪性化したものです。裏付けになるものはありませんし、そのような統計を目にしたこともありませんので、気にしなくて良いでしょう。問診、内診、超音波検査のほか、貧血がないかどうか血液検査で確認します。これは、いらいらしやすい、寂しくなってくる、焦燥感(あせる感じ)がわき上がる、つまらないことにこだわってしまう、何でもないのに泣きたくなってくる、などなど。しかも、通常は内診と超音波による方法だけで子宮内膜症と診断されている場合が最も多いと考えられます。不妊症として治療される方の中に子宮内膜症の方が多いことは間違いないことです。



子宮頸管ポリープの症状は、痛みはそれほどありませんが簡単に出血します。奇形腫というのは別名皮様嚢腫とも言い、卵細胞が何らかの原因により腫瘍性に増殖し、皮膚になるような組織へ分化傾向を示すもので、被膜に覆われた腫瘍の内容は、頭髪、脂肪、軟骨、歯などで占められており、一見するとぎょっとするような内容のものですが悪性化することは高齢者を除いてほとんどありません。 以上のことから、もしみなさんが産婦人科を受診して「子宮内膜症です」との診断を受けたとしても、その正診率はだいたい75%、つまり4人のうち1人は内膜症ではないのに内膜症だと診断される可能性があるものなんだと理解をしておくと良いものと思います。受精をした卵は、およそ1週間をかけて卵管内を移動し子宮の内腔へたどり着きますが、その間にどんどん細胞分裂を繰り返しながら発育していき、子宮の内腔へたどり着く頃になってようやく胎児を形成する部分(胎芽胚葉)と将来胎盤を形成する部分(栄養胚葉)とに分かれるようになります。しかし、進行期と自覚症状にあまり相関関係がないのも、子宮内膜症の特徴の一つです。  また、筋腫の場所によっては、流産や早産の原因となることもあります。



 できる数は、1〜2個から鈴なりに多数できることがあります。 25〜36日ぐらいの周期で、卵巣から排卵された卵子は卵管を通って子宮内に到着します。子宮外妊娠の運命妊娠は妊娠ですが・・・限界に達すると、その場所で流産する(『=赤ちゃんのモトがお母さんの身体から離れて卵管の動きによってお腹の中〈上の図の1と2の間)にでてくる『卵管流産tubal aboution』 )か、または卵管が破裂する(赤ちゃんのモトごと卵管(2)が破れてお腹のなかにでてくる『卵管破裂 tubal rupture』)ことになります。子宮内膜症は必ず自覚症状があるとは限りません。また一方、妊娠したのと似たような状態として治療する方法、すなわちピルを用いる方法(擬妊娠療法)では、擬閉経療法(更年期状態を作り出すことで治療する方法)とは異なり較的長期に渡って治療しても骨粗鬆症を始めとする副作用を心配する度合いは少なくてすむという利点はありますが、そのかわりに血栓症や肝機能障害などの副作用を招く心配はありますしやはり治療期間中は妊娠が望めないという点が問題といえるでしょう。お腹の中に炭酸ガス(もしくは空気)を入れて膨らませるか(気腹法)、あるいはお腹を吊りあげる機械を用いてお腹をつり上げる方法(腹壁つり上げ法)で腹壁を持ち上げておき、臍下から腹腔鏡を挿入します。



妊娠中の場合、子宮頸管ポリープ自体が妊娠に影響することは殆どありません。(何日かの入院が必要なときもあります)また麻酔に関しては「局所麻酔」「全身麻酔」があり、ポリープの大きさや手術の種類によって変わります。原因である炎症が改善されていなかったり、切除したときに根っこが残っていたりするのが理由です。治療には一般的な子宮内膜症の治療としての薬物治療が主体となりますが、癒着を招くことが多いこと、再発しやすいこと、茎捻転の可能性などを考慮すれば、やはり外科的治療(=手術療法)が望ましいものです。なかなか強烈です。手術で筋腫を取り除く治療法を受けると、過多月経などの症状はなくなります。

妊娠後期で食欲が止まらない

腰椎すべり症の病院

青い色は食欲を抑える

子宮鏡検査(投稿14)関連エントリー

子宮鏡検査(投稿1)
■子宮鏡検査について■こんな事を言うと失礼かもしれませんが、子宮鏡検査 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。でも、子宮鏡検査のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。
子宮鏡検査(投稿2)
★子宮鏡検査に関する記事★子宮鏡検査 の基本的知識が深まるといいですね。そうなるよう、子宮鏡検査 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。
子宮鏡検査(投稿3)
●子宮鏡検査についての投稿記事●子宮鏡検査についての新しい発見・気づきがあるといいですね。今まで詳しくなかった子宮鏡検査 の新事実がこのページで見つかるようお手伝いします。
子宮鏡検査(投稿4)
○子宮鏡検査についての解説○子宮鏡検査はけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮鏡検査 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。
子宮鏡検査(投稿5)
□子宮鏡検査のやさしい解説□子宮鏡検査のことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮鏡検査 に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。
子宮鏡検査(投稿6)
■子宮鏡検査について■せっかくの機会なので、子宮鏡検査 について新らたな発見・気づきがないかどうか、探してみましょう。子宮鏡検査にもいろんな側面があるので、あんがい簡単に見つかるかもしれません。
子宮鏡検査(投稿7)
□子宮鏡検査のやさしい解説□改めて子宮鏡検査 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。子宮鏡検査はけっこう奥が深いことがわかると思います。
子宮鏡検査(投稿8)
□子宮鏡検査のやさしい解説□それでは子宮鏡検査 のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮鏡検査のことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。
子宮鏡検査(投稿9)
●子宮鏡検査についての投稿記事●これまで漠然としかわからなかった子宮鏡検査のことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。それでは子宮鏡検査 のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。
子宮鏡検査(投稿10)
■子宮鏡検査について■改めて子宮鏡検査 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。子宮鏡検査はけっこう奥が深いことがわかると思います。
子宮鏡検査(投稿11)
□子宮鏡検査のやさしい解説□子宮鏡検査をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮鏡検査 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。
子宮鏡検査(投稿12)
子宮鏡検査はけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮鏡検査 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。
子宮鏡検査(投稿13)
これまで漠然としかわからなかった子宮鏡検査のことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。それでは子宮鏡検査 のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。