子宮ポリープは大丈夫な病気?

子宮蓄膿症エントリー一覧

子宮蓄膿症(投稿1)
●子宮蓄膿症についての投稿記事●これまで漠然としかわからなかった子宮蓄膿症のことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。それでは子宮蓄膿症 のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。根本的治療にはやはり開腹手術(または腹腔鏡手術)が必要となるものと考えておいた方が良いでしょう。一方、一般の個人の開業医院の場合は妊娠、出産がメインの病院、不妊を専門とする病院と様々です。生理になっても、子宮内膜がすべて剥がれ落ちずに増殖してしまうことがあり、これを子宮内膜増...
子宮蓄膿症(投稿2)
◆子宮蓄膿症の解説◆子宮蓄膿症のことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮蓄膿症 に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。おそらく、質問のような説が流布したのはタンポンを使用することが月経血の逆流を促すからとの考えからだと思いますが、しかしタンポンを使用することで月経血の逆流が増えることはありません。そこで念を入れて組織検査をすることがあるのです。よって、子宮腺筋症の治療も、基本的には妊娠したような状態に持っていくか、あるいは更年期を過ぎた状態に持っていく...
子宮蓄膿症(投稿3)
子宮蓄膿症の知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮蓄膿症 に関する内容を見ていきましょうか。「平滑筋肉腫の進行・再発例では、以前からCYVADIC療法∧オンコビン(一般名ビンクリスチン)+アドリアシン(一般名ドキソルビシン)+エンドキサン(一般名シクロホスファミド)+ダカルバジン∨などの多剤併用療法が行われてきましたが、最近、平滑筋肉腫34例にジェムザール(一般名ゲムシタビン)+タキソテール(一般名ドセタキセル)の2剤併用療法を3週ごとに投与した...
子宮蓄膿症(投稿4)
この機会に子宮蓄膿症 に関する新たな知識が見つかるといいのですが。お手伝いをさせて下さい。子宮蓄膿症のことをできるだけていねいに説明していきます。状態によっては卵管を残すことも・・・)このような選択肢があります。これは子宮頸管から長めの生検針を通し、腫瘤に針を刺して組織を採取するというものだ。この病気の原因としては、エストロゲンの働きが過剰になっていることが考えられますが、背景に月経不順、肥満などが影響している可能性があります。  いずれにしてもこれらの症状はエストロゲンの欠乏に伴う症状であり、...
子宮蓄膿症(投稿5)
☆子宮蓄膿症に関する説明☆こんな事を言うと失礼かもしれませんが、子宮蓄膿症 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。でも、子宮蓄膿症のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。大きさは、小さいもので1センチ以下から、大きいものでは10センチを超える場合もあります。逆に、病気なのにもかかわらず、検査値が基準値内の人もいます。子宮筋腫は閉経後に小さくなりますが、閉経後に大きくなっている肉腫は子宮肉腫の可能性があります。主なものとしては、むくみ、頭痛、胸の張り、透明なお...
子宮蓄膿症(投稿6)
○子宮蓄膿症についての解説○意外なことに、子宮蓄膿症 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮蓄膿症をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。(→こちらの記載を参照にして下さい)よって、だいたいどの治療についても約半年間をメドとして終了するわけですが、では終了したあとどのくらいで生理が復活するものなのでしょうか。開腹手術では、癒着剥離、卵巣チョコレート嚢胞部分の摘除が主となり、年齢や症状を考慮して卵巣摘除(片側または両側)、子宮全摘...
子宮蓄膿症(投稿7)
★子宮蓄膿症に関する記事★せっかくの機会なので、子宮蓄膿症 について新らたな発見・気づきがないかどうか、探してみましょう。子宮蓄膿症にもいろんな側面があるので、あんがい簡単に見つかるかもしれません。数値の上昇は子宮内膜症でも奇形腫でもCA125と同じく200IU/ml程度までの上昇にとどまることが多く、それ以上を示す場合はやはり卵巣ガンの可能性が否定できなくなります。漿液性癌、類内膜癌などでかなり高値を示し、癌の縮小とともに数値が低下するので、癌の診断だけでなく治療効果判定にも用いられるものです...
子宮蓄膿症(投稿8)
○子宮蓄膿症についての解説○それでは子宮蓄膿症 のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮蓄膿症のことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。何度切り取っても再発を繰り返す性質をよく表していると思われたのですが、なぜか定着しませんでした。おりものの量が増える、黄色や茶色のおりものが出る、おりものに血が混ざるなどの症状が出ることもあります。子宮頸管ポリープと比べると発生率は非常に低く、生理の出血が多くなったり貧血になった...
子宮蓄膿症(投稿9)
●子宮蓄膿症についての投稿記事●意外なことに、子宮蓄膿症 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮蓄膿症をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。「血行性転移が多い子宮肉腫においてリンパ節に転移があるようなら、すでにリンパ行性転移もあるはずで、リンパ節をとって調べる意味がないというのがリンパ節郭清を行わない理由でした。細胞検査や摘除して組織検査をしないと判別がつかないこともあります。その他、原因として、骨盤内感染、虫垂炎、腹膜炎、頻...
子宮蓄膿症(投稿10)
治療には一般的な子宮内膜症の治療としての薬物治療が主体となりますが、癒着を招くことが多いこと、再発しやすいこと、茎捻転の可能性などを考慮すれば、やはり外科的治療(=手術療法)が望ましいものです。正常値は35IU/ml以下です。手術療法に関して言えば、直接病変の除去ができる、病状を目で見て把握できるなどの利点があるのに対して、手術操作による癒着を起こす可能性がある、入院が必要となる、術創ができる、などの欠点も持ち合わせています。子宮は膣のすぐ上にありますが、子宮の入り口はその字のとおり子宮のうち膣...
子宮蓄膿症(投稿11)
■子宮蓄膿症について■子宮蓄膿症をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮蓄膿症 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。治療が必要と判断された場合は、薬物療法と手術療法があります。ちなみにポリープとは粘膜から発育したイボの総称で良性です。「生理痛がひどい」=「子宮内膜症」+「機能的な月経困難症 」であるとすれば、 「100」=「75」+「25」 であるようなものなのだ、と。子宮内膜症は良性の病気で、命にかかわることはありませ...
子宮蓄膿症(投稿12)
子宮蓄膿症 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。子宮蓄膿症 の基本的知識が深まるといいですね。妊娠とポリープ 妊娠時は頚管粘膜の増殖がさかんになって、ポリープは普段より多く発生します。妊娠初期の症状とよく似ているため、妊娠したかもしれないと産婦人科を受診した際に尿の妊娠反応が陽性にもかかわらず、超音波検査では子宮内に妊娠の部位が見つからないといった場合に、子宮外妊娠が疑われます。子宮内膜に発生したものは子宮内膜ポリープ、子宮の入り口に発生したものは子宮頸管ポ...
子宮蓄膿症(投稿13)
■子宮蓄膿症について■せっかくの機会なので、子宮蓄膿症 について新らたな発見・気づきがないかどうか、探してみましょう。子宮蓄膿症にもいろんな側面があるので、あんがい簡単に見つかるかもしれません。 癌などの悪性腫瘍とちがって、発育してもまわりの組織を破壊することがなく、直接生命にかかわる  ことはありません。卵子は通常卵管(2)の中で精子と合体します(この現象を『受精』といいます)。原因である炎症が改善されていなかったり、切除したときに根っこが残っていたりするのが理由です。ごく小さなポリープは、超...
子宮蓄膿症(投稿14)
◆子宮蓄膿症の解説◆この機会に子宮蓄膿症 に関する新たな知識が見つかるといいのですが。お手伝いをさせて下さい。子宮蓄膿症のことをできるだけていねいに説明していきます。子宮筋腫の対処法には、年齢、症状、筋腫の位置や大きさ、妊娠希望の有無などを考慮して、経過観察 薬物療法、手術療法の3つの方法があります。子宮外妊娠が母体の生死に関わる問題という事を考えると、母体の健康を優先で考えて処置せざるを得ない事を理解しましょう。1.筋腫のできる原因はわかっていません  子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍(でき...