子宮ポリープは大丈夫な病気?

子宮癌エントリー一覧

子宮癌(投稿1)
●子宮癌についての投稿記事●子宮癌の知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮癌 に関する内容を見ていきましょうか。不思議な感じもしますね。もしも全身状態が悪化している!という事であれば緊急事態です。このうち良性腫瘍とは、大まかに言えば命の危険は少ないもの、と考えれば良いでしょう。この2つの病変は超音波診断では区別が難しく、子宮鏡検査で診断します。卵胞が発育してくると、卵胞を形成している卵胞細胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の量も次第に増...
子宮癌(投稿2)
■子宮癌について■子宮癌 の基本的知識が深まるといいですね。そうなるよう、子宮癌 についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。子宮内膜症と免疫の異常との関係はまだ確立されたものではありませんが、たくさんの研究報告において関連性があるとの指摘を受けています。腹腔鏡でもチョコレート嚢胞を手術したり癒着を剥がしたりすることは可能ですが、やはり限界がありますから、最善策を考えてその場で開腹手術とした方が明かに良いケースは少なくはないのです。また、ポリープは妊娠の成立や分娩の...
子宮癌(投稿3)
★子宮癌に関する記事★今まで詳しくなかった子宮癌 の新事実がこのページで見つかるといいですね。お手伝いします。子宮癌についての新しい発見・気づきがあるといいですね。晩婚、晩産化が進み、生涯子どもをもたない選択をする人も増えてきました。おそらく、質問のような説が流布したのはタンポンを使用することが月経血の逆流を促すからとの考えからだと思いますが、しかしタンポンを使用することで月経血の逆流が増えることはありません。大きさは3mm〜5mmほどで大きくなっても1cm程度にしかなりません。子宮外妊娠の場合...
子宮癌(投稿4)
◆子宮癌の解説◆なにはともあれ子宮癌 に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮癌の知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。卵管を切除してしまうと、そちら側の卵管では妊娠できなくなります。しかし正常妊娠のごく初期や、ごく初期の子宮内の流産も同じようにみえるので、慎重な判断が必要です。月経血の中には剥奪した子宮内膜が含まれていますが、月経血が膣の方へ流れ出ずに、子宮から卵管の方へ逆流して腹腔内へ流れ出るのと一緒に、子宮内膜が腹腔内へ運ばれて、その結果腹腔内に子宮内膜が...
子宮癌(投稿5)
★子宮癌に関する記事★子宮癌にもいろんな側面があるので、あんがい新たな気づきがあるかもしれません。せっかくの機会なので、子宮癌 について詳細に見ていきましょう。背景に子宮筋腫、子宮内膜症などの病気が隠れている「器質性月経困難症」と、とくに原因となる病気が見当たらない「機能性月経困難症」の2種類があります。ピルを服用するということは妊娠している状態と同じ状態になると考えても良いわけで、したがって妊娠初期に類似した副作用が現れる場合があります。一方の薬物療法に関しては、外科的侵襲がない、工夫によって...
子宮癌(投稿6)
◆子宮癌の解説◆せっかくの機会なので、子宮癌 について新らたな発見・気づきがないかどうか、探してみましょう。子宮癌にもいろんな側面があるので、あんがい簡単に見つかるかもしれません。「生理痛がひどい」=「子宮内膜症」+「機能的な月経困難症 」であるとすれば、 「100」=「75」+「25」 であるようなものなのだ、と。子宮内膜症の本態は、本来あるべき場所ではないところに子宮内膜が生育しているところにあります。また筋腫の位置によっては卵管が圧迫されて、精子が卵管を通る際の障害となることもあります。人...
子宮癌(投稿7)
○子宮癌についての解説○意外なことに、子宮癌 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮癌をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。比較的筋腫が小さく症状が軽い女性や、妊娠中で他の治療が不可能な女性、また更年期の女性などに行われています。子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で、発育には女性ホルモンのエストロゲンが関係していると いわれています。月経血が卵管からお腹の中に逆流し、そのままとどまってしまうという説(子宮内膜移植説)が有力視さ...
子宮癌(投稿8)
子宮癌をわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。意外なことに、子宮癌 についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれませんよ。内膜ポリープの摘出には子宮鏡が最も適しており、この方法でなら外来で行うことも可能です。  なお、ピルを服用し忘れた場合についてですが・・・ 例えば1日だけ飲むのを忘れてしまった場合、どうなるでしょうか? この場合はほとんど何も症状が起こらないでしょう。必要に応じて、CT、MRI検査を行う場合もあります。子宮外妊娠の運命妊娠は妊娠ですが・...
子宮癌(投稿9)
□子宮癌のやさしい解説□子宮癌はけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮癌 を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。下記のような項目が筋腫の治療方針に影響するといわれていますので、医師と一緒に相談しながら治療方針を決めましょう。症状も出ないことが多いのですが、不正出血や月経過多、貧血が起こる場合もあります。子宮筋腫の対処法には、年齢、症状、筋腫の位置や大きさ、妊娠希望の有無などを考慮して、経過観察 薬物療法、手術療法の3つの方法があります。したがって、子宮内膜症の治療とい...
子宮癌(投稿10)
○子宮癌についての解説○誰にでもあることですが、子宮癌 に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで子宮癌に関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。リンパ節郭清は、病巣の広がりを確認するために周辺のリンパ節を摘出するもので、リンパ節転移があれば治療も兼ねる。そこで、「妊娠しているのと同様の状態」にすれば、妊娠による治療効果と同じような効果が得られるのではないか?という考えが浮かんできます。 症状は筋腫のタイプによりさまざまですが、一般にその症状が最も強い...
子宮癌(投稿11)
■子宮癌について■こんな事を言うと失礼かもしれませんが、子宮癌 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。でも、子宮癌のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。川村さんによると「症例が少ないため適正症例数での比較試験が成立しにくく、エビデンス(科学的根拠)が得にくい」ことがそのおもな理由だという。その意味では体脂肪は悪者ではなく、体にとって必要なものです。ポリープは、一つだけできるのが普通で、大きさは、ほとんどのものが2〜3mmから5mmですが、ときには1cm程度...
子宮癌(投稿12)
☆子宮癌に関する説明☆それでは子宮癌 のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮癌のことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。念のために癌の細胞が混じっていないかどうかを検査して確認します。子宮外妊娠の診断は、産婦人科医の頭を悩ませているそうです。同時に脂肪細胞や肝臓にブドウ糖を取り込ませ、中性脂肪の合成を活発化させます。貯留する出血が新しいものでは赤茶色で水っぽいものですが、だんだん古くなっていくと性状が泥状となり...
子宮癌(投稿13)
☆子宮癌に関する説明☆こんな事を言うと失礼かもしれませんが、子宮癌 については、案外よくわかっていないことも随分いろいろあると思います。でも、子宮癌のことはそんなに難しいことではないのでご安心を。頸管ポリープの摘出はほとんど痛みもなく外来で簡単に摘出できるものですが、かなり大きいものの場合には入院が必要となることもあります。さて、次いで擬閉経療法についてお話ししましょう。戦前の女性は、初経を迎えると間もなく結婚し、避妊することもなく、自然に妊娠、出産を繰り返していました。内診をしたときの痛みの感...
子宮癌(投稿14)
□子宮癌のやさしい解説□この機会に子宮癌 に関する新たな知識が見つかるといいのですが。お手伝いをさせて下さい。子宮癌のことをできるだけていねいに説明していきます。治療期間は通常6ヶ月間と記載しましたが、これは骨粗鬆症を起こす可能性が少なく、かつ子宮内膜症に対しても有効な治療期間として決められたものです。子宮外妊娠の運命妊娠は妊娠ですが・・・限界に達すると、その場所で流産する(『=赤ちゃんのモトがお母さんの身体から離れて卵管の動きによってお腹の中〈上の図の1と2の間)にでてくる『卵管流産tubal...